3月のふたり

3月生まれの20代の夫婦ふたり暮らし。ミニマリストに憧れたり。毎日のんびり。あまいものが好きです。

保存容器の「究極の収納」

先日通りかかったドーナツ店で、「春限定」の言葉に惹かれてさくらのドーナツを買って帰りました。

  

f:id:sangatsunofutari:20180409124159j:plain

生地も上のお砂糖がけも優しい味。

春らしくて、美味しかったです。

 

 

「タッパーの美しい収納って存在する?」

 

Pinterestで見かけたこの言葉がパワーワードすぎて…。

タッパーの収納、いろいろ試してもしっくりいかない事が多かったので、すごくわかる気がします。

形がバラバラなものをいくつも持っていた時はとくに、どうやってもごちゃごちゃと使いにくくて。

でも最近、やっと使いやすい収納(?)にすることができました。 

 

まずは手持ちの数を見直すことからはじめ、今持っているプラスチックのタッパーは4つです。

大小2つずつで、すべて100円ショップで購入しました。

ほかに陶器の保存容器兼食器も3つあって、これは大中小のサイズ違いです。

 

毎日お弁当が必要で作り置きをしていた頃ならこれでは足りなかったと思いますが、今は多種類の作り置きをすることはまずないのでこれで十分。

 

で、数が少ないなりにあれこれ収納を試して、たどり着いた「究極の収納」はというと、

 

ふたをした状態で食器棚に置いておく。

 

以上。もはや収納じゃない感。

 

こんな感じです。

 

 

f:id:sangatsunofutari:20180409151702j:plain

 

これが私には快適でした。

何がいいかというと、手前の4つ(プラスチックの)は同じものを重ねているので、

下のものを取り出すために上のをよける…という作業が必要ないんです。片手で取ることができます。

 本当は陶器の方も片手で取れるようにしたいのですが…。やはりサイズ違いは厄介です。

 

あと、本体とふたを別々に取らなくていいのも楽!

 

中身を入れる際にふたを開けるという作業が必要になるのですが、私にとってはそこはあまり気にならずでした。

 

並んでいる見ためも好きです。 

目にした時も使う時もしまう時も、ちょっとしたストレスがなくなって快適になりました。

 

 

この収納は、数が少ないからできること。

 

以前何かの本を読んでいて、

 

「ものが少なければそもそも「収納」という概念が必要なくなる」

 

という文章に衝撃を受けましたが、

こういうことかなぁ、といまは思います。

 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

 

 

ガラスの保存容器ならこれがいいなと思っています。(これはサイズ違いのセットなので収納は工夫がいるかもしれません)

 

 

sangatsu-no-futari.hatenablog.com