3月のふたり

3月生まれの20代の夫婦。ミニマリストに憧れたり、新しい働き方を考えてみたり。

ローラアシュレイで最後に買ったもの。

少し前、日本からなくなってしまうローラアシュレイで、最後のお買いものをしました。

 

f:id:sangatsunofutari:20180617135004j:plain

タンブラー。

シクラメンの柄です。

 

ふたの色がとても好きで、以前見かけた時も気になっていたのでした。

他のカラーで柄ちがいのものもありましたが、シクラメン柄が野暮ったくならない気がしてこちらに。

ローズ柄とか好きだけど、こういった花柄は上手に持つのが難しいですね…。

 

これからの季節はこまめな水分補給を意識していこうと、主に作業中のカップの代わりに使っています。

 

机の上がぱっと明るくなって、うれしい気持ちになります。

 

ローラアシュレイ、ずっと前から大好きで。

高校生の頃はよくカタログを眺めて、いつかはこんな部屋に住みたい…!と憧れていました。その頃は生地の名前とか、家具のシリーズとかも覚えていたくらい。

少しずつ趣味も変わってカタログは買わなくなったけど、小物は今もちょこちょこと持っています。

 

ありがとうローラアシュレイ。

大事に使います。

 

 

シャボネル・エ・ウォーカーのチョコレート。

お題「今日のおやつ」

 

シャボネル・エ・ウォーカーのチョコレート。

 

f:id:sangatsunofutari:20180615165252j:plain

 

ユニオンジャックの箱がとても素敵です。

 

バレンタインのシーズンにピンク色のハート型の箱をよく見かけて、かわいいな、なんて読むのかな、シャンパンのチョコレートどんな味かな…とうっすら気になっていたところ、

今回おみやげでミルクチョコレートトリュフをいただきました。

 

いただくお菓子はもちろんなんでもありがたいけど、こうやって食べてみたかったものをいただくととてもうれしい…!

 

f:id:sangatsunofutari:20180615170539j:plain

開けたら先にひとつ食べられていた。(夫によって)

実はチョコレートは甘いものの中ではあまり得意ではなく、口に絡みつく濃厚さがちょっと苦手なのですが、

このチョコレートはなぜかとても美味しいなぁと思いました。

中のガナッシュがとろけるすべらかさで、ミルクだけどキャラメルのような味がしたような気がする。

たぶん、いわゆる高級チョコレート(そんな食べたことないけど)よりも、あっさりしているのだと思います。甘さもそんなに強くなくて、だから美味しく食べられたのかもと思いました。

 

シャボネル・エ・ウォーカー、やっと名前も覚えられたし、

来年のバレンタインシーズンにピンクのシャンパントリュフを見かけたら、今度こそ買ってみようと思います。楽しみ。

 

旬の食材を楽しみに待つってこういう感じでしょうか。 

こうやって年間の楽しみが増えていくといいなと思います。

 

 

近頃イギリスの食器やお菓子に興味があって、以前読んで好きだった本を買ってしまいました。

様々なイギリスのお菓子について、ひとつずつ歴史や地方との関わり、名前の由来などが詳しく説明されています。でもかたくなりすぎない文章がとてもおもしろい本です。

知らないお菓子がいっぱいですが、全てにレシピが付いているので、その気になれば作ることもできます。 

 

もうすぐシリーズで「ドイツ菓子図鑑」が出るらしく、そちらも気になっています…!

 

以上、今日のおやつでした。 

所有しなくても楽しめる。

先日、ものすごくおしゃれなカフェに行きました。

まさに「SNS映え」という言葉がぴったり。

雑誌で見かけた、ナチュラルやシンプルとはちがうクールでポップでとてもかわいい店内の写真と、

きれいにディスプレイされた美味しそうな焼き菓子が気になって、一度行って、見てみたかったのです。

 

実際に行ったらひねくれ者の私はなんだか逆に1枚も写真を撮れなかったのですが、

その空間にとても刺激をもらいました。おしゃれな空間を作る、ということが徹底されている感じが気持ちよかった。

 

使われていた食器は、マットな質感のグレーの食器。

たぶん前に見かけて気になっていた「sakuzan」のものじゃないかなぁと思います。

ソーサーは小さいプレートと同じで、それぞれ個別にも使えるデザイン。

 

 

以前、マグカップについて「もうこれ以上増えないと思う」みたいなことを書いているのですが、

(そしてその後、マグではないけど茶器が2種類増えているのですが)

 

 

カフェに行ってから2日ほどは、

「いいなぁ、あのカップ欲しいなぁ」

「お茶とかお菓子が唯一の趣味みたいなものだし。気分で変えられるように何種類かあってもいいかもしれない」

と、ちょっと思ってしまいました。

 

でもきちんと使いこなし、大事にできる食器の量はそんなに多くないはず。

 

素敵なカフェに行ったりすると「いいな、このカップ欲しいな」と思うこともあるのですが、

目的が「素敵なカップでお茶を飲むこと」 ならば、自分でカップを持たなくてもそのカフェに行けばいい、と考えることもできます。

 

なんでも所有しようとしなくても楽しむことはできる。と思う。

 

そんなわけで、このカップでお茶が飲みたくなったらカフェで楽しむことにしよう、と考えることにしました。

 

 

カフェで買って帰った焼き菓子。

この写真はスマートフォンで撮りました。

f:id:sangatsunofutari:20180602211601j:plain

奥が名前を忘れてしまった塩のケーキ、手前がキャロットケーキです。

個人的にはもう少ししっかりした粉が主張する感じの焼き菓子が好みですが、

カフェのことを思い出しながら食べたりして、グッドな時間を過ごすことができました。

 

ものすごくおしゃれなカフェ、楽しかったな。

あと、気になったところに行ってみる。って大事だな。

 次は、バーレイの食器が使われているカフェに行ってみたい。

 

そしてまたカフェに行って食器が欲しくなったら、このページを読み返そうと思います。

 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村